top of page
検索
  • 執筆者の写真ミズコウアキヒコ

パスカル・マーティー氏とは何者なのか?

WINE BAR MAGARRI店主のミズコウです。


さて、先日からご予約を受け付けている3月26日(日)に開催する当店の1周年記念パーティーでお出しする「ヴィニャ・マーティ」と言うワイナリーのオーナー醸造家であるパスカル・マーティー氏のプロフィールをご紹介します。



出身国:フランス・ボルドー醸造大学校卒


1983年~1996年の6年間、アメリカ・カリフォルニアの最高峰ワイン「オーパス・ワン」を造り上げる為、1週間フランスのシャトー・ムートンで働き、その後3週間をアメリカ・ナパヴァレーのオーパスワンで働くという生活を繰り返す。


1996年に、チリの高級ワイン「アルマヴィーヴァ」のコー・ジェネラル・マネージャー兼醸造家として制作に取り掛かる。


同ワインを造り上げた事とともに、畑、醸造所を整備し、必要なものを造り上げ、チリに本格的なワイン造りのシステムをもたらした事も高く評価されている。


主な代表作は

シャトー・ムートン・ロートシルト(第一級格付け) シャトー・クレール・ミロン(第五級格付け) シャトー・ダルマイヤック(第五級格付け) オーパス・ワン(カリフォルニア最高峰ワイン) アルマヴィーヴァ(チリの高級ワイン)

と言うそうそうたるラインナップです。


そして、アルマヴィーヴァを手掛けている際に、彼はチリの類まれなテロワールを知りました。


しかし、現状の大規模生産では、そのポテンシャルを引き出すだけのワイン造りが出来ない事にも気づいていました。


彼の胸の内には、自身のワイナリーを造りたいという思いが芽生えたのもこの頃です。

 

2003年、アルマヴィーヴァでの自身の役割を果たした、との思いから、彼は自身のワイナリー設立に向け、動き始めます。


コンサルタントとして世界中を回りつつ、ワイナリー設立準備を進めました。


「あのムートン、オーパス・ワン、アルマヴィーヴァを手掛けたパスカル・マーティ氏が新ブランドを立ち上げる!」


噂を耳にし、ワイン業界内外で彼の夢に共感した人が続出しました。


例えば「ロード・オブ・ザ・リング」で有名な映画会社ニューライン・シネマ(現ワーナーグループ)のマイケル・リン氏や、元バロン・フィリップ・ロッチルド社の社長で、現在アメリカで輸入会社を経営するオリヴィエ・ルブレ氏もバックアップを申し出ました。


多くの人々の夢も乗せて、2008年、満を持してマーティ氏自らのワイナリー「ディオニソス・ワインズ」を設立。


2013年、ヴィニャ・マーティと自身の名を冠したワイナリーへと変更、生涯をかけたプロジェクトとしての意気込みを表現するに至ります。


ヴィニャ・マーティのワインは、栽培から醸造まで一貫してパスカル・マーティ氏が直接手掛けています。


全てのワインに、彼の経験と技術、そして深い愛情が注がれています。  


今まで世界に名を馳せたプレミアムワインばかり手掛けてきたマーティ氏は、今、上質なデイリーワインを造ることにも等しく面白さを見出しているのです。

世界最高峰を造りだした醸造家が、新たな視点で造るワイン、それがヴィニャ・マーティの提案するワインです。  


そのラインナップは幅広く、カサ・デル・セロ・レゼルヴァ、ラヴ、パチャ、マリポーザ、コラソン・デル・インディオ、カラク、セール、クロ・デ・ファと現在8シリーズのワインを造っています。


3月26日の1周年記念パーティーでは、最高キュベのクロ・デ・ファ以外のラインナップはすべて飲み放題の中で飲めます。


2月26日のヴィニャ・マーティ祭りでクロ・デ・ファは1本開けたのですが、ソムリエの人たちのテイスティングにより「まだ早い」との事で、ロマネコンティの半分の3000本程度しか出荷されない事も鑑みて、手元の在庫はヴィンテージさせることにしました。



その代わり、セカンドラインのKALAK(カラク)はマグナムボトルを確保、そして同じくSER(セール)もメルロー・シラー各1本、そして私が一番好きなワインであるセール・カベルネソービニョンは2本確保しております!




もちろん、高い=おいしいワケではありませんので、その他のラインナップの中からお好みのワインを探すのも愉しいと思います。


白ワインの目玉は「ぎんの雫」です。



当日は、赤白併せて12銘柄を飲み放題です。


もちろんおつまみも多数ご用意しますし、時間も長時間の15時~21時まで出入り自由とさせていただきます。


それらの内容で4500円(当日現金のみ)とさせていただきます。


利益が無いのはまだしも、大赤字は困るのでマガーリの開店1周年のお祝いで1000円だけ上乗せでお願い出来たらと思います(苦笑)


1万円札や5千円札出して「祝いだ!釣りはいらねーよ」とか言われたら喜びます(ヲイ)


ま、それでもSERKALAKを1杯くらい飲んでいただければ十分に元は取れると思います(笑)


では、一見さんも、常連さんも、同業者でも、ドナタでもお仲間をお誘いあわせの上でお越しくださいねー。


みんなでお祝いしましょう♪


参加表明は、当サイトのフォームからの受付となります。


TOPページから下にスクロールしていただければ「空席確認&ご予約」のフォームがございます。


そちらからこの内容を貼り付けて「3月26日(日)1周年記念パーティー参加希望・お名前・お電話番号・メールアドレス・参加人数」を送ってください。


お申込みはコチラから↓



閲覧数:382回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page