top of page
検索
  • 執筆者の写真ミズコウアキヒコ

高コスパワインが続々入荷しております。

WINE BAR MAGARRI店主のミズコウです。


GWも始まりましたが、当店では通常通りの営業をするつもりなんですが、それだけでは面白くないので、新しい銘柄をお試し価格で愉しめるようにしたいと思います。


例えばこれなどは、当店で一番人気の銘柄である、スペインの「RASON」のワイナリー。


無濾過・無清澄で作られる自然派ワインで開栓したら驚くほどの澱があります。


透明感が無く、濁った見た目ではありますが、樽熟成独特の甘い香りが鼻を突き、それでいて豊饒な果実味もあって飲みやすいのに、コクもあると言うまるでヴィンテージワインの如き味わいでしてお客様からは「これ、高いんでしょ?」とよく言われます(笑)


しかし、うちでは1杯780円です♪



そんな高コスパのワイナリーの上級キュベをGW特別価格でご提供します。


スペイン人は家でボトルを保管して熟成…なんてことはしません!


買ったら飲む!が身上の国、そんな彼らにとって、今飲みごろのワインは、決して高級ワインではないのです。


商売っ気のない当主アマドール。


快くそんな当たり年&熟成飲み頃ワインを、普段と全く変わらない価格で卸してくれたのです!


【1】造り手&土地


近年高品質なワインが造られることで注目を集めるスペイン北部、 フランスに接するナバーラ地方。


この土地に早くに目を付けたヴァルサクロ家。


なんと4世代も前、曾祖父の代にはすでに条件の良い場所に畑を取得していました!!

今では最高樹齢80年に達する、素晴らしい畑を持っています。

しかも仕込みから瓶詰まで、パーカー96点生産者のボデガス・ヴァルサクロ当主アマドールが手掛けます!


良いブドウ+腕のいい醸造家、 この組み合わせで美味しい赤ワインができないはずはありません。



【2】当たり年

今回入荷した2005年は、 スペインでも大当たり年として名高いヴィンテージ!

実はこのカンペスエロとペドロ・デ・イヴァル、2006年と2007年はもうすでに売ってしまった、とのこと。 どうして?と尋ねると、

「2004年と2005年は素晴らしい年だっただけに、飲みごろを待つ必要があった。 だって、美味しくなるのが分かってるのに、待たずに飲んだらもったいないじゃないか!」 今回飲みごろとの判断で販売をスタートしたところ、運よく注文できたのです!!

でも価格は他ヴィンテージと変わらず。 いい年なんだからもっと高く売れるのに… 商売っ気ゼロ、ただ美味しいワインを届ける事だけに熱意を燃やす醸造長アマドールなのでした・・・


ハイクオリティーと限定生産を信条とするバルサクロ。


その舞台裏では、製造からワイン畑管理まで一貫して環境への配慮も怠らない。


化学肥料の使用を止めたのは10年前のことだ。


たゆまぬブドウの木の病気予防対策。


さらに、害虫駆除対策、雨水を溜池で浄化し再利用するなど、日夜、自然環境と共存する努力を行っている。


ぶどうの収穫から丹精を込めて、ゆっくりとワインを育てるのがエスクデロのポリシー。


今年の収穫年も歴史にその名を刻むであろうことは間違いない。


スペインのワイン専門月刊誌「Mi Vino」第10号

(2007年2月)より抜粋


ペドロ・デ・イヴァル レセルヴァ


大当たり年と言われる2005年産の、樽熟成で飲みごろを迎えたワイン!

樹齢80年の古木からとれる凝縮したブドウから造られる上質な赤!! アメリカンオーク樽熟成によるまろやかな美味しさは「家で寝かせる必要がない=買った時が飲みごろ」という、スペインワインの長所をよく表わしています。 澄んだ色合い、縁はレンガ色。


ベリー系果実の綺麗な香り、スパイスを帯びた樽の香ばしいニュアンス。


滑らかな、円熟した味わいだが、細やかなタンニンが心地よい渋みも感じさせる。


森に茂るベリーや下生えの香り、落ち葉、オレンジピールや紅茶を思わせる余韻を感じる。



今回は、こちらのワインを東京都内であれば1杯2000円以上は取られると思いますが(苦笑)GW特別価格の1100円でご提供します♪


品質のばらつきの多いスペインワインを敬遠されていたそこのアナタ。


このワイナリーは別格ですので、ぜひお試しになってみてくださいね。


閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示
記事: Blog2_Post
bottom of page