top of page
検索
  • 執筆者の写真akihiko mizukou

長らく欠品していた人気のワインが再入荷

WINE BAR MAGARRI店主のミズコウです。


当店でも、OPENしてからずっと固定ファンのいるワインが長らく欠品してました。


その最新のヴィンテージがやっと入荷してきましたので、早速リストインしております。


スペインの最先端の自然派ワイナリーです。


自然派とか、ナチュールと言うと拒絶反応を見せる方がいらっしゃいますが、そっちじゃありません(どっち?)


いや、稚拙な技術で輸送や保管の段階で痛んでいるような、いわゆる流行りの自然派ワインやナチュールと一緒にしてもらっては困ります(苦笑)


うちも、ほとんどのワインは「自然派」や「ナチュール」と言うあいまいな定義の範疇にあるワインばかりではありますが、痛んでおかしな香りや味がするものは一つもありません。


そんな中で、その味で世界中で認められているスペインのワインが、今回ご紹介するコレ。




ドミニオ・バスコンシリョスは2000年に、ワインに情熱を傾ける紳士ホセ・マリア・バスコンシリョスによって設立されました。        


彼のメインビジネスは自動車関連です。


彼の会社はBosch,Porche,VWの車に使用される部品を造っています。


この業界ではクオリティが第一です。        


そして、彼はこの姿勢で、最高のリベラ・デル・デュエロのワインを造りだすことに挑戦したのです。        


彼は約20億円をその夢にかけました。        


コンサルタントにはスペインで有名なトマス・ポスティゴを起用。        


ワイナリーは海抜1000メートルの場所にあり、栽培からワイン醸造に至る過程はオーガニック栽培を元に、極力純粋な自然を活かすように造ります。        


区画にごとに管理され、収穫やブドウの手入れ、全てに渡って手作業で行われます。


【テイスティングコメント】


輝きと光沢がある深みのある力強いガーネット色。


熟した赤い果実(チェリー、ラズベリー、スグリ)のクリーンで強調されたアロマに、ココア、コーヒー、スパイシーなノートが混じり合い、よく溶け込んだタンニンとフレッシュな酸に支えられている。


バニラとシナモンのほのかな香りがミネラルを伴う。


ボリューム感のあるテクスチャーとジューシーで甘い風味を運ぶ魅力的な赤ワイン。


果実感あふれるフルボディ、シルキーなタンニン感、凝縮した味わいがバランスよく、⾧くドライな余韻がモダンなスタイル。


今後 5~10 年の熟成が期待できる。


ドミニオ・バスコンシリョスは、ホセ・マリア・バスコンシリョス氏が2000年に設立したワイナリーです。


現在彼は引退しており、二人の娘(マリア・ホセ、カルメン)がその後を継ぎました。


彼女たちは、女性の視点で、ワインの味わいやラベルも含めた、エレガンスなワインを造りたいと考えました。


そして、この考えに賛同してくれる女性スタッフとワイナリーを運営しています。


ワイン造りだけでなく、営業スタッフから輸出担当者・・・全て女性だけで運営しているのが、現在のドミニオ・バスコンシリョスのユニークな点の一つです。


<ブドウ畑について>

畑は標高1000メートル付近の高地に広がっています。


これだけ高地にある畑は、ヨーロッパでは非常に珍しいです。


なだらかな斜面が果てしなく続くように広がる様子は、スペインで伝統的にPARAJE DEL ALTO DEL CURAと呼ばれる地形で日照も良く、また他よりも荒天の影響を受けにくい環境にあります。


この単一畑で、私たちはテンプラニーリョ、カベルネ・ソーヴィニョン、メルロ、そしてマルベックを栽培しています。


畑の標高が高いと、ワイン造りに様々なメリットがあります。


まず、低地より紫外線が強くなるので、紫外線から防御するためにブドウの果皮はとても厚くなります。


果皮に含まれる様々な香味成分や、豊かなポリフェノールも増えるため、 ワインに凝縮した風味、力強さが表現されます。


また、標高の高さにより、昼夜の寒暖差が大きくなるため、ブドウの生育がゆっくりになります。


おかげで、早熟と言われるテンプラニーリョ種でも、霜が降りるギリギリまで収穫を遅らせる事ができ、ワインに複雑な味わいを表現する事ができます。


しかも酸味が損なわれないため、豊かな果実味と凝縮味を持ちながらも、フレッシュな味わい、良い意味での緊張感を備えた味を同時に表現することができます。


ゆっくり成熟するおかげで、ブドウにしっかり野生酵母が付着します。


おかげで、人工的な培養酵母は一切使用せず、畑からもたらされる野生酵母100%でワイン造りを行っています。


設立者のホセ=マリアが、ワイナリースタートの当初からオーガニックな栽培に力を入れていたため、畑には多種多様な野生酵母はもちろん、微生物や昆虫…豊かな生態系が息づいています。


おかげで、私たちドミニオ・バスコンシリョスは、リベラ・デル・デュエロでは自然派の第一人者として認知されています。(現在はユーロリーフという認証を取得しています)


<ワイン造り> ワイン造りのアプローチは非常に伝統的で、ブドウの品種の個性を出すよりも、この素晴らしい畑の特徴を表現することに重きを置いています。


テンプラニーリョ種が主体ですが、カベルネ・ソーヴィニョン、マルベック、メルロといったボルドーの品種も栽培しています。  


それぞれのブドウは、品種ごと、区画ごとに醸造され、最終的にブレンドを行うことで、それぞれのキュヴェの味わいを整えています。


ブドウ品種にはそれぞれ役割があります。


◆テンプラリーニョ:スペインのアイデンティティとも言える重要な品種です。 イチゴのような果実味、リコリスやスパイスを思わせる複雑な風味があります。


◆カベルネソーヴィニョンタンニン豊で、ワインに骨格やボディを与え、また独特の野性味(青っぽい香り) を与えます。


◆マルベックマルベックは複雑さを表現する為に使います。 スミレや青い花を思わせる、気品ある香りが感じられます。


◆メルロー果実味豊かで親しみやすく、滑らかな質感によって ワインにボリューム感、厚みを持たせることができます。      


年ごとに気候が異なるため、その品種が表現する個性も僅かに変わります。


最終的には、テイスティングを繰り返し、ブレンドの比率を試行錯誤することで、このテロワールを表現するに足る味わいになるように調整しています。


したがって、各ブドウ品種の使用比率は当然毎年異なります。


このように、私たちのスタイルはフランス・ボルドーの「シャトー」のスタイルに近いワインづくりです。


ブドウ品種の特徴ではなく、テロワールの個性を表現する、というのが私たちのワイン造りの哲学だからです。


ブレンド比率を調整することで、年の違いで味わいがぶれないように調整しています。


熟成には、フレンチオーク樽を使用しています。


基本的に新樽を使用しますが、一部古樽を使う場合でも2年もの(1年使用樽)までです。


その後、使用された樽は売却しています。時々フランスのワイナリーからも樽の注文があります。



 自然派ワイン、ナチュールワインブームの中で、微妙な香りや味のワインをありがたがり、高いお値段で飲んでいるのに疑問を感じてませんか?


おままごとみたいな生産者の不味いワイン飲むなら、ぜひこれ飲んでください。


自然派ワイン・ナチュールワインって美味しいんだ(当たり前なんですが苦笑)ってのをご実感いただけるはず。


ぜひお試しくださいね。


閲覧数:8回0件のコメント

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page