検索
  • ミズコウアキヒコ

選ばれし6つのテロワールからの贈り物。

WINE BAR MAGARRI店主のミズコウです。


今日は、新たにラインアップした6銘柄をご紹介します。



ボルドー全域に精通するネゴシアン(ワイン仲買人)であり、シャトー運営も手掛ける生産者でもあるメゾン・リヴィエールのセラーから、フランス出身のワインスペシャリスト、クリストフ・カスタニエ氏と、日本のソムリエ陣が、「ボルドーの多様性を感じられる傑作」をテーマに厳選しました。


ボルドー、メドック、グラーヴ、そしてクレマンやロゼも含む、多彩な味わいを飲み比べできる、ボルドーファン垂涎のラインアップになっています。



ボルドーには、2021年現在で60の原産地統制名称(AOC)があり、各AOCのテロワール(畑の場所、土壌、気候、作り手)を反映したワインを造っています。


重厚な赤ワインが有名なボルドーですが、赤ワインだけでなく爽やかな辛口白ワイン、ロゼ、そしてシャンパン製法で造られるスパークリングワインであるクレマン、と様々なワインが造られています。


世界的に知られる産地というプレッシャーの中、世界最高峰レベルの産地で生産者たちが切磋琢磨を繰り返し、あらゆるタイプのワインが世に出る機会を待っている、といっても過言ではありません。


まだ無名であっても、今後急激に評価が高まり人気が出てくるAOCはいくつもありますが、そういった隠れた現地の情報をキャッチして、先回りして日本に輸入しました。



メドックは、ボルドーワインの中で最も人気のある産地です。


ピレネー山脈や中央山塊から運ばれてきた小石、砂、砂利の堆積した水はけの良い土壌と、粘土石灰質の土壌が存在しますが、前者が優勢の場所ではカベルネ・ソーヴィニョンを栽培し、後者が優勢の土壌では主にメルロ種を栽培します。


たいていのシャトーは、畑にこの二種類の土壌があるため、複数の品種を栽培し、そのアッサンブラージュでテロワールを表現しています。


メドックは北側にあるメドックと、南寄りのオー・メドックに分かれています。


北側は川の下流となるため、砂利や小石より粘土の堆積比率が多いので、自然とメルロ種の栽培比率が増えていきます。


このシャトー・ルバンは北側のメドックなので、メルロの栽培比率が高いシャトーなのです。


今回選んだ2016年ヴィンテージは、2009年、2010年、2015年といったグレート・ヴィンテージに匹敵する偉大な年と言われています。


中でもメルロ種の出来が素晴らしいと言われており、伸びやかで美しい酸とジューシーな果実味、豊かなタンニンが感じられます。


メルロ100% メドックに典型的なグラーヴ(砂利)の堆積した、排水性の良い土壌と、ジロンド川によって運ばれた粘土質の土壌が入り混じった、メドックらしい典型的な土壌を持つが、上質な粘土石灰質土壌の畑は、メルロ主体で栽培されています。


伝統的なボルドーの醸造方で仕込み、フレンチオーク樽(うち30%は新樽)で12~14カ月熟成させます。



このシャトーは、最も気に入っているシャトーの一つで、今回ぜひともセットに加えたかったワインです。


毎年コンスタントに素晴らしい品質のワインを生み出しています。


メゾン・リヴィエールが管理していますが、畑での厳しい収穫から、セラー内での細やかな手作業まで、本当に丁寧なワイン造りを行っています。


カノン・フロンサックは、近年多くの評論家が注目し始めた、これからスターになる可能性を秘めた素晴らしい産地です。


銘醸地ポムロールから15kmほど西にあり、粘土石灰質土壌の素晴らしい土地はメルロ種と素晴らしい相性を見せます。


17世紀ごろは、ボルドーで最も上質なワインを生む産地の一つとして有名で、当時の取引価格はサンテミリオンを上回っていました。


しかし、フィロキセラ禍により畑が荒廃したことで低迷していきました。


今その復活の兆しが表れている産地なのです。


ベリーやプラムを思わせるジューシーな果実味の豊かで洗練された味わいがあり、熟成とともにトリュフやスパイスの香りが感じられます。


このように、親しみやすさと複雑な味わいの両面が楽しめるのが魅力です。


因みに「カノン」と名乗れるのは斜面部分にある畑のみ。


水はけもよく日照にも恵まれる斜面の上質なブドウを使い、ワンランク上の味わいのワインを生み出します。


メルロ85%、カベルネ・フラン10%、マルベック5% Saint Michel de Fronsacという場所にあるコミューン。


畑は粘土石灰質、砂利質の土壌。ブドウは手摘み収穫され、伝統的な手法で、ステンレスタンクを用いて3週間以上かけて発酵させます。


その後ボトル詰めの前に18か月間樽熟成を行います。



ガロンヌ川とドルドーニュ川が合流する手前の三角州にあるアントル・ドゥー・メール。


二つの海の間の地、という意味を持つAOCで、白ワインのみ名乗ることができるAOCです。


同じ産地でも赤で造れば、AOCボルドーまたはAOCボルドーシュペリュールとなります。


アントル・ドゥー・メールの白ワインは、フランスで普段の食事と合わせて飲む白ワインとしてとても親しまれています。


ソーヴィニョン・ブラン種を主体にフレッシュな辛口の味わいで、料理を選ばず楽しめるため、とても重宝します。

最近では高級ワイン並の収量制限を行い、或は高名なコンサルタントを招き、格付けシャトー並の評価を得るシャトーも出現し、土壌のポテンシャルの高さが証明されています。


赤白共にシンデレラワインが次々と登場している、目の離せない産地の一つとなっています。


このワインはそんなアントル・ドゥー・メールの典型的なスタイルですが、3品種をアッサンブラージュすることで、爽やかな味わいの中にも複雑味を表現しているのが特徴です。


ソーヴィニョン・ブラン40%、セミヨン30%、ミュスカデル30%

畑はGrezillacという町の付近にあり、アントル・ドゥー・メールで典型的な粘土石灰質の土壌です。

伝統的な醸造方法に従いますが、その過程で近年の醸造学の研究結果を反映し、発酵時の温度を低く抑えるようにします。


品種ごとに造られた3種のブドウのワインを、最終的にバランスを取りつつアッサンブラージュして仕上げています。



ボルドーを語る上でグラーヴの白ワインは絶対に外せない1本です。


グラーヴはフランス語で砂利を意味しますが、その名の通り砂利が堆積した水はけの良い土壌で、凝縮した味わい、ミネラル豊かなワインを生み出す、ボルドーを代表する産地の一つです。


グラーヴの歴史は古く、現在有名なメドックよりも古くからワイン造りが行われていました。


赤ワインはカベルネ・ソーヴィニョンの比率が高めで、タバコの葉と形容される、特徴的なアロマのワインを生み出します。

しかし、今ボルドーで旬と言えるのはグラーヴの白ワインです。


メドック、サンテミリオンといったボルドーの主要産地の中で、唯一白ワインでもAOCグラーヴと名乗れる産地で、フレッシュな味わいの中にも凝縮感と複雑味を表現するワインは、今では世界中のワイン通を虜にしています。


その証拠に、現地ではグラーヴのシャトーが赤白両方出している場合、たいてい白ワインの方が高い価格で売られているものです。


ソーヴィニョン・ブラン80%、セミヨン20%

Bel Air(Bel=美しい、Air=空気) の名が示す通り、グラーヴで最も標高の高いところにあり、風通しの良い大地にあるシャトー。


土壌はライムストーン石灰岩と粘土質の層の上に砂利質(グラーヴ)が堆積した水はけのよい土壌です。


グリーンハーヴェストで収量制限を行い、凝縮度を高めたブドウを使い、低温下で温度管理されたステンレスタンクで発酵。


その後5カ月間澱とともに静置し(シュール・リー)、厚みのある味わいと複雑味を表現します。



フランス人はロゼが大好きです。


統計では白ワインよりもロゼの方がよく飲まれているようですね。


ボルドー・ロゼは長い歴史を持つ伝統的な辛口ワインとして、根強い人気があります。


美しいバラ色、爽やかな果実味が溢れる瑞々しいワインは、暑い日に喉を潤してくれる1本として初夏から夏には絶対に欠かせない、と多くのフランス人は強く信じています。


カベルネ・ソーヴィニョンやメルロ種は、赤ワインの時とはまた異なる魅力的な味わいを見せてくれます。


ボルドー・ロゼの魅力は、何と言っても食事との合わせやすさです。


野菜、魚介、肉料理となんでも合わせられます。


しかも洋風の味付け以外に、和食、中華、アジアのスパイシーな料理であっても楽しめる懐の深さがロゼの一番の魅力。


合わせるワインに困ったときは、とりあえずボルドー・ロゼ、という選択をすれば間違いないでしょう。


メルロ50%、カベルネ・ソーヴィニョン50%

サンテミリオンの南のSainte Terreと呼ばれる砂質・粘土質の土壌のブドウを使用。


畑では農薬や除草剤など化学的なものは使用せず、サステナブルな農法を行っています。


グリーンハーヴェストを行い、凝縮感のあるブドウを造ります。


醸造は温度管理機能のついたステンレスタンクで、低温で行います。



クレマン・ド・ボルドーとは、シャンパーニュと同じ瓶内二次発酵方式という製法で生み出された、上質なスパークリングワインです。


AOCという法律で、製法だけでなく産地も定められており、このクレマンを名乗ることができるのは、フランスでは現時点で8か所あります。


クレマン・ド・ボルドーはその中でもクレマン・ド・ブルゴーニュと並ぶ人気のクレマンの一つです。


ボルドーで一般的な黒ブドウと白ブドウは全て使うことができますが、今回私たちがセレクトしたものは、白ブドウだけで造られたクレマンです。


爽やかな香りと味わい、適度なボリュームがあり、丁寧なワイン造りで生み出された味わいは実にエレガントです。


食前酒はもちろん、様々なお料理に合わせて楽しめる、使い勝手の良いスパークリングワインです。


セミヨン 2/3 、ソーヴィニョン・ブラン1/3


ベースとなる白ワインは、低温(12℃)で湿度90%の環境でコントロールされた状態で発酵を行います。


瓶内二次発酵させ、最低9か月熟成させます。1週間に3~5回、手作業でルミアージュを行います。

※ルミアージュ=動瓶とは、瓶内二次醗酵の熟成中に、発生する澱を瓶口に集める為、横に寝かせていた瓶を少しずつ揺らしながら、瓶口を下にして倒立(シュール・ポワント)させていく作業の事です。








ボルドーの知られざるお宝銘柄をお手軽価格で愉しめます。


ぜひ、お気に入りの1本を探してくださいね。

閲覧数:8回0件のコメント