top of page
検索
  • 執筆者の写真ミズコウアキヒコ

メニューを一新しようと思ってます。

WINE BAR MAGARRI店主のミズコウです。


先日の月曜の定休日に、思うところがありまして人気店のATEさんにお伺いしました。


と、言うのも最近よくお食事をしに来てくださる方が多く、お褒めいただく機会も多いので、フードメニューの充実を図りたいなと思い、最新のトレンドなどを知りたいと思ったからです。


新しいオシャレな内装に心が躍り、美味しいおつまみに舌鼓を打ちながらワインを飲みまして、とても満足しました。



うちのオリーブも自慢の逸品なんですが、こちらのも肉厚で美味しかった♪


中でも、とてもうらやましいと思ったのが、フードカッターで切りたての自家製ロースハムを切って出したいただいたサラダ。



切りたてのハムの旨い事旨い事(笑)


でも、うちの厨房狭いから、置くとこないし、買うお金も・・・涙


その他のおつまみも堪能して、さすが人気店だけあって「さすがだな」と思うと同時に、うちも、もっともっと美味しいモノをお出しして、お客様に笑顔になっていただきたいなって欲も出てきたのも事実。


正直、ワンオペ営業が前提で考えたフードメニューなので、あまり凝った趣向のお料理は除外していたんです(苦笑)



しかし、忙しい中でも、お待たせする旨をお伝えして、それでも待つと言ってくださるのであれば、出来るモノをお出ししたほうがいいのかな?なんて思ってます。


うちの今のフードメニューでも、結婚記念日のディナーで予約してきて下さり、その後も定期的に「うちで食事したい」とご夫婦で来ていただける方や、自ら食材や料理法に凝って自炊をされている男性も、毎日と言っていいほど晩御飯を食べに来てくださったり、ワインバーではあれど、食べ物でもお客様を愉しませる余地があるなって感じてます。


昨夜に初来店いただいたカップルの男性にも「ぜんぶ美味しかったです!どこで修行されたんですか?」と聞かれました(笑)


10代から20代の数年間、ネバダクラブや、ミラー&シュバイツアー等のレストランバーで飲食業に従事し、数々のシェフから教えを請いましたし、今でも近隣のシェフ達にいろいろ教えていただいてます。


奉還町では、#ジョルジオカーサピッコロ #giorgiocasapiccolo の神部君や#ザイマカの圭ちゃんにもいろいろ教えてもらってましたし、表町では#padangpadangokayama の大輔氏から刺激を貰ってます。


その後は、アパレルや自動車業界におりましたが、数々の名店で食べて飲んでおりますので相当舌は肥えているはずです(笑)


また、うちの奥様も、若い時からおばあさまにマナーのお勉強を兼ねて世界中の美味しいモノを食べさせもらい、その後も愛知万博のフランス館に勤務していた時には、本場のフランスの大使館付きのレベルのシェフの料理を食べておりますので、非常に採点が厳しいので、お恥ずかしいモノはお出ししていないつもりです(笑)


ええ、うちの料理は、奥さんと息子のお許しが出ないとお客様に出せないんです(苦笑)


まあ、今いろんなお店のメニューを見ながら、何をお出ししようかワクワクしながら原材料などの見積もりを取りまくっております。


ぜひ、これからのマガーリのお料理にご期待くださいね。


ワイン飲み過ぎると思うよ(笑)



閲覧数:40回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page