top of page
検索
  • 執筆者の写真ミズコウアキヒコ

ブルゴーニュワインの正解

WINE BAR MAGARRI店主のミズコウです。


先日から、ブルゴーニュワインのちょっといいヤツをリストインしようと探してます。


神様アンリ・ジャイエ氏の血縁ドメーヌや、オーガニックにこだわるパーカーポイント高得点のドメーヌを含め、主に村名の入ったワインを試飲用に仕入れて、ブルゴーニュワインの好きなお客様や、同業者の方々に飲んでいただきました。



でもねぇ、それぞれ飲んでくださった方々が「これで正解」とは言うものの、ワタシの個人的な意見ではありますが・・・。


「いいの?この味でいいの?グラスで2千円以上いただかないといけない金額なのに、こんなに酸っぱくていいの?」としか思えず(苦笑)


やはり、ワタシの舌は酸味を嫌ってるんですねぇ(遠い目)


ボルドーに代表される、しっかりしたタンニンと重み、重厚な香りの赤が好きなワタシには理解できないようです。


なので、今まで通り、高騰してない協同組合が真面目に造ってるピノ、そしてDRCのコンサルタントを務めていたマニュエル・オリヴィエ氏の酸味が少なく、複雑な味に好感の持てるピノ、そしてドイツの新星ピノと、うちの一押しワイナリーである、ムートン&オーパスワン醸造家のピノで構成しようと思います。








まあ、協同組合のシャテル・ビュイのピノは、しっかり酸味がありますが、その他の3銘柄は酸味の苦手なワタシが、その薫り高さと複雑な味わいで「美味しいです」とおススメできる銘柄のみリストインしております。


今後は、その他のちょっといいブルゴーニュワインを飲みたい場合には、事前にリクエストをいただければ仕入れてボトルでご提供しますのでお申し付けくださいね。


また、いよいよ残り2か月となりましたが、忘年会や新年会の貸切営業も受け付けてます。


当店のハウスワイン飲み放題&食べ放題(お任せのみ)でお一人5000円から承ります。


当店で一番安価なハウスワインではありますが、醸造家はシャトー・ムートンやオーパスワンの醸造責任者を務めたパスカル・マーティー氏が造ったワインです。






すでに何件かご予約いただいておりますのでお早めにどうぞ♪

閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page