検索
  • ミズコウアキヒコ

ねえ君たちにとって、おとうさんってなんなん?

更新日:2021年12月15日

こんにちは、WINE BAR MAGARRI店主のミズコウです。


昨夜は早い時間にご予約が二組。


お二組とも、旧知の方ではありましたが、とてもたくさん召し上がっていただいて。本当にありがたい限りです。


そんな中で、その日にお電話で空席確認して来ていただいた方と、もうお一組は飛び込みで来ていただいたお二人とで、なんとまさかの月曜なのに満席(驚)


いや、ホントにマスターがカッコいいからって、そんなに一気に来られても(違)


まあでも、いろいろなご縁が広がって、様々な方とお話出来るのは、本当に楽しい。


飲食店の醍醐味ですよね。


思えば、18歳の時に昼間はイッセイミヤケの店長をしつつ、ネバダクラブのマスターにスカウトされバイトしてました。


その後に、中古車のブローカーをしながらクルマの輸入業を開始して、いいクルマが手に入らない時には、ロンドンの蚤の市で家具や装飾品を仕入れ、建築関係の業者さんに売ると言う多角的な仕事をしてました。


その展示場代わりに、岡山市北区磨屋町でレストランバー・ミラーアンドシュバイツァーと言う変な名前の店を、仲間4人で経営していました。


取引先の酒屋の若旦那が、ソムリエ資格を取って東京からUターンして来て「ワインに力を入れたいんです」と言うプレゼンを聞いて、うちもワイン売ろうか?って流れになり、本数では岡山県一の売り上げを誇りました。


思えばもう30年以上前の事です(遠い目)


そんなワタシが、コロナ禍の窮状を這い出るためにひょんなご縁から「シェアショップ」と言うものに出会い、そしていきなり出店を決め、時短要請や、緊急事態宣言下を耐えに耐えながら営業しているお店に、足を運んでくださるなんて、本当に嬉しい事です。


協力金出たらもっと嬉しいけど、いつ出るのかな?ねえ、隆太??(知事を呼び捨てない)


また、何の因果か息子も二人とも飲食業に従事しております。



手前の長男の桂太郎は、料理専門学校へ行き、講師の先生の弟さんの経営するイタリアンに就職しましたが、残念ながら経営難から退職し、メルパルク岡山へ就職。


しかし、一向に正社員にしてもらえない姿を見て、高校の時にバイトしてたジョリーパスタの店長だった人に相談してみ?と助言して、無事に転職をしました。


今では、ジョリーパスタより少し高級な店舗の立ち上げで関東を転々としてるそうです。


彼は20歳で結婚して、子供が出来てワタシは44歳でおじいちゃんになりましたが、その後離婚して、別れ方があまりよろしくなく、彼もワタシも孫娘に逢えません(涙)


そんな彼が、なんと関東で何の報告も無く3人のお子さんのいる女性と再婚して、お腹には赤ちゃんがおり、急に5人も孫が出来たワタシ。


誕生日に長男に「おめでとう!おとうさんは家族じゃないのかな?」って送ったけど既読無視(号泣)


そして、次男の壮右(ソウスケ)は、岡山理科大学の建築科に進学し、留年しながらも無事合格して、東京の上場会社の建築土木関係の会社に就職。


少し前に、うちの父親の容体が悪いと連絡して、葬式に帰れるか?と聞くと、すでに会社を辞めて母親と一緒に岡山にいると・・・。


ねえ、君たち、お父さんってなんなん?お母さんには報告するけど、お父さんには??


ま、それはいいんですけど、彼も偶然ではありますが、ワタシのしていた磨屋町のレストランのすぐ近所のバー「フォークスタンド」で働かせて貰ってます。


週に2回は、表町の「パダンパダン」さんでもバイトをしてるそうです(苦笑)


理系の私学出すのに幾ら掛かったと思ってんだ!とそのバーで愚痴を言うと、隣のお客さんが言いました。


「おとうさん、すいません。僕も岡山大学出て、今はカレー屋です苦笑」


うん、いいんだ、いいんだ若者たちよ。


ワタシもそう言えば、辻調理師専門学校に願書出して、入学金払ったのにイッセイミヤケの社長に「うちにおいでよ」って言われて就職しておかんに「入学金戻ってこんのよ!」とキレられましたもんね・・・。


うん、血は争えないって事だな(苦笑)


あ、昨日は前にも飲んでいただいて、またリピートで飲んでくれた高いワイン(と言っても都会の半値くらいで飲めます)を飲んでいただき「ホントにおいしい」「いやマヂでコスパ最強」と喜んでいただきました。






アナタも美味しいワインとおつまみを召し上がれ♪


閲覧数:25回0件のコメント