検索
  • ミズコウアキヒコ

それ一人分の金額ですか?

WINE BAR MAGARRI店主のミズコウです。


昨日は暇だなぁって思ったんですが、なんとあれよあれよと言う間に満席。


本当にありがとうございました。


初来店の方々にも、喜んでいただけて嬉しいです。


最後のお客様に会計の金額をお見せしたところ「それ一人分の金額ですか?」と聞かれたので、そうです!と答えそうになりましたが(ヲイ)お二人分の金額ですとお伝えすると「なに?安い??」と驚かれていました。


ええ、ワタシも毎回会計する度に「安い・・・汗」と思っております(笑)


さて、今日は当店のハウスワインのご紹介です。



そう言っているのは、ワイン醸造家の中のスーパースターであるパスカル・マーティー氏。


五大シャトー「ムートン」カリフォルニアの「オーパス・ワン」の後に、チリを代表するプレミアムワインの「アルマヴィーヴァ」を手掛けた時、彼はチリの類まれなテロワールを知りました。


しかし、現状の大規模生産では、そのポテンシャルを引き出すだけのワイン造りが出来ない事にも気づいていました。彼の胸の内には、自身のワイナリーを造りたいという思いが芽生えたのもこの頃です。


2003年、アルマヴィーヴァでの自身の役割を果たした、との思いから、彼は自身のワイナリー設立に向け、動き始めます。コンサルタントとして世界中を回りつつ、ワイナリー設立準備を進めました。


「あのムートン、オーパス・ワン、アルマヴィーヴァを手掛けたパスカル・マーティ氏が新ブランドを立ち上げる」


噂を耳にし、ワイン業界内外で彼の夢に共感した人が続出しました。


例えば「ロード・オブ・ザ・リング」で有名な映画会社ニューライン・シネマ(現ワーナーグループ)のマイケル・リン氏や、元バロン・フィリップ・ロッチルド社の社長で、現在アメリカで輸入会社を経営するオリヴィエ・ルブレ氏もバックアップを申し出ました。


多くの人々の夢も乗せて、2008年、満を持してマーティ氏自らのワイナリー「ディオニソス・ワインズ」を設立。2013年、ヴィニャ・マーティと自身の名を冠したワイナリーへと変更、生涯をかけたプロジェクトとしての意気込みを表現するに至ります。



ヴィニャ・マーティのワインは、栽培から醸造まで一貫してパスカル・マーティ氏が直接手掛けています。


全てのワインに、彼の経験と技術、そして深い愛情が注がれています。


今まで世界に名を馳せたプレミアムワインばかり手掛けてきたマーティ氏は、今、上質なデイリーワインを造ることにも等しく面白さを見出しているのです。



世界最高峰を造りだした醸造家が、新たな視点で造るワイン、それがヴィニャ・マーティの提案するワインです。


そのラインナップは幅広く、カサ・デル・セロ・レゼルヴァ、ラヴ、イライア、ピルカ、コラソン・デル・インディオ、カラク、セール、クロ・デ・ファと現在8シリーズのワインを造っています。



そして、当店で1杯580円でお出ししているのが、このカサ・デル・セロ・レゼルヴァ。


世界最高峰のワインを生み出した人物のワインを1杯580円


このコスパに勝てるワインバーもレストランも岡山にはありません(笑)


また、彼の上級ラインも揃っておりますので、ぜひアナタも世界最高峰のワインを味わいにいらしてくださいね。


お待ちしております!


閲覧数:32回0件のコメント